Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

独学から最短でWebデザイナーになろうと考えている人におすすめの勉強法

独学から最短でWebデザイナーになろうと考えている人におすすめの勉強法

独学でHTML・CSSやPhotoshopを使ってWebデザインの勉強をしていて、将来Webデザイナーに就職・転職を考える方向けに最短の勉強方法を紹介します。

僕はこの方法を使ってWebデザイナーに未経験から就職し、現在は7年目のWebデザイナー・WebディレクターとしてWeb制作の仕事をバリバリしています。

独学で勉強を頑張ってるけど限界を感じている、どこまで勉強すればいいか分からない、どれくらいのクオリティのポートフォリオサイトを作れば就職・転職活動できるか分からないなど、こんなことを少しでも感じた方はこの記事は役に立つ内容です。

 

目次

【結論】最短で就職・転職したいならWebデザインスクールに通う

結論から先に説明すると、最短でWebデザイナーとして就職・転職したいならWebデザインスクールに通うことです。僕が経験したので本当です。

ちなみにまた結論を言うとおすすめのスクールはデジハリです。

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

でもスクールに通うのは独学じゃないよね?と疑問に思う方もいると思います。たしかに一般的に見るとそうかもしれません。

しかし独学にこだわる理由って何かメリットがあるのでしょうか?独学でやった方が周りの人から、すごいと褒められるかもしれませんが、本質はWebデザイナーになることが目的なので、独学だろうが、誰から習おうが、正直どうでも良いことです。

独学で勉強してWebデザイナーになったら、たしかにかっこいいし、学習コストも抑えられますが、Webデザインスクールに通った方が早いし、効率が良いです。

Webデザイナーになって仕事をするようになれば、新しい技術や手法を日々習得していかなくてはいけないので、いずれにせよ皆、独学することになると思います。

ではなぜWebデザインスクールに通った方が良いのか理由を説明します。

やらなくてはいけない環境に身をおける

Webデザインスクールに通う1番のメリットは、やらなくてはいけない環境に身を置くことができることです。正直これが1番効果が高いです。

独学で1人部屋やカフェなどで勉強していると、気がついたら別のことをやっていたり、集中力が持続しなくて少ししか勉強できなかったり、どうしても自分に甘くなってしまいます。

そこでスクールという場所に行って、勉強しなくてはいけない環境下に身を置くと、嫌でも勉強することになります。しかも周りにいるスクール生もモクモクと勉強しているので、強制的に自分も勉強しなくてはいけないモードに切り替わります。

それに高い入学金や授業料を払っているので、それを取り返そうと頑張るので、1人で独学していた時より必死に勉強するようになります。

もし入学金や授業料を親や支援機関から援助しようと考えている方は、100%全額自分のお金で支払ってみてください。やる気が全然違います。本当です。

ちなみに大学生が大学に行かずに、ダラダラとモラトリアムな生活になってしまう理由の1つは、自分ではなく親が学費を払ってくれてるからです。

どこまで勉強すればいいか、どのくらいのクオリティのものを作ればいいか範囲が分かる

独学で勉強しているとHTML・CSSはどこまで書けるようになればいいのか、書店で買った本通りに進めているけど、これだけで本当にいいのだろうかなど、どこまでやればいいかゴールが見えづらいです。ゴールを見えづらいとやる気も出てきません。

また就職・転職活動をする時にはポートフォリオサイトを企業に見せて、企業側が自分のスキルや得意分野を判断してくれます。そのポートフォリオサイトも、どの程度のクオリティまで仕上げればいいか独学では分からないこともあります。

しかしWebデザインスクールに通えば、Webデザイナーになるための基礎的なカリキュラムが組まれているので、どこまで勉強すればよいか範囲がわかります。そしてスクールには現役のWebデザイナーの方が講師として在籍しているので、企業目線になって自分の作ったポートフォリオを見てくれて、アドバイスをしてくれます。

Webデザインスクール生と切磋琢磨し情報交換できる

Webデザインスクールに通っていると自分よりデザインセンスの良い人が必ずいます。またJavaScriptやjQueryをスラスラ書ける人や、コーディングスピードが早い人も必ずいます。

独学で勉強していると他の人がどれくらいできるのか、どのくらい勉強しているのか分からないので、目の前の勉強をしているだけで満足してしまう気になってしまいます。 

他人と比べることは良いことではありませんが、嫉妬は自分を高める原動力になります。

それにスクール生同士で交流を持っておけば、就職・転職活動の情報交換や就職して働きはじめた後でも業界の情報交換ができるので、スクール生と交流を持つことはWebデザインスクールしかできないことです。

就職・転職サポートをしてもらえる

スクールにもよりますが、そのスクールに通っている人限定の求人情報や転職サービスがあったりします。僕の場合はスクールと協力している転職エージェントを使って制作会社に就職しました。

また大学の就職サポート課ほど手厚くサポートはしてくれませんが、通うスクール独自の就職情報やイベントなどもあるので、独学よりは就職活動がしやすい環境になっています。

こういった就職・転職活動するためオプションが使えるのも、Webデザインスクールの良いところです。

入学金や授業料はあとから取り戻せる

独学で勉強すると学習コストを抑えることができるので経済的ですが、それではスピードも遅いですし勉強効率も悪いです。

しかし少し高いお金を払ってWebデザインスクールに通えば、短時間で集中的に勉強し、短期間で就職・転職することも可能です。

正直金額は決して安くないので尻込みしてしまう気持ちもわかりますが、働いて稼げるようになれば、入学金と授業料はあとから取り戻せることができます。

ネットの口コミやレビューは信用するな。最後にやるのは自分自身

スクールに通うメリットを説明しましたが、単純にスクールに通ってるだけでは、Webデザイナーにはなれません。スクールに通うと決めたなら本気でコミットしなくては、Webデザイナーとして就職・転職はできません。

よくネットでWebデザインスクールの口コミやレビューが掲載されていますが、その中身を拝見すると「通うのは無駄だった」「就職できなかった」「全く役に立たなかった」などと書いている口コミがありますが、絶対に信用してはいけません。もう一度言います、絶対に信用してはいけません。

なぜならそこに書き込んでいる人は、思うように勉強できなかった人や自分がWebデザイナーとして就職・転職できなった理由をスクールのせいにしてきた人たちの書き込みだからです。

Webデザインスクールに通ったらからといって、簡単にWebデザイナーになれると考えていたら大きな間違いです。

Webデザインスクールに通うのは、もっと効率的に勉強や就職・転職活動するためのオプションでしかありません。最後は自分自身の熱意と努力と行動で結果が決まります。ここで頑張れなかった人はそれなりの結果になり、頑張った人は頑張った人なりの結果が待っています。Webデザインスクールが良いとか悪いとかの問題ではありません。自分自身が努力したか、しなかったかの問題です。

おすすめのWebデザインスクールはデジハリ

正直に話すと僕がデジハリしか行ったことがなかったので、デジハリをおすすめしていますが、本当におすすめです。

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

理由はカリキュラムがしっかりしているし、カリキュラムにはない技術を勉強しても問題ありません。自分が望めばちょっと背伸びした技術にも応援してくれます。また中間発表と卒業発表で自分でオリジナルのサイトを最低2つ作ることになるので、ゼロからサイトを作り上げる力が身につきます。

正直に言うとゼロからサイトを作り上げる能力さえあれば、就職・転職はできると思います。デザインのクオリティは経験すれば後から付いてきますので。

そしてスクールにいる講師の人たちはフリーランスのWebデザイナーさんや、昼間は企業で働いているWebデザイナーさんなどが在籍しているので、プロの指導と助言を聞くことができます。勉強するのは自分自身で進める感じなので、全て講師の人が付きっきりで指導してくれるわけではありませんがおすすめです。

独学に限界を感じている方、勉強が捗らない方

もし独学に限界を感じている方や、最短でWebデザイナーとして就職・転職したいと思っている方でしたら、無料で資料を請求することができるので、少しでも興味があれば申し込みしてみてはいかがでしょうか?