Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

台湾(台北)旅行の気温・服装・治安・トイレ・注意点・持ち物など

台湾(台北)旅行の気温・服装・治安・トイレ・注意点・持ち物など

台湾(台北)に旅行に行く時に気になるのが気温や服装はどうしたら良いか?治安やトイレとかってどうなっているのだろう?などなど。

今回は台湾(台北)の気温や服装・治安・トイレ・旅行時の注意点や持っておくと旅行中便利な物などを紹介します。

 

目次

台湾(台北)の気温と服装

台湾は1年を通して温暖な国です。ざっくり説明すると1~3月は日本でいう春秋くらいの気温で、4~10月は夏のくらいの気温、11~12月も春秋くらいの気温です。

僕が行ったのは1月で、日本は気温10℃くらいの真冬ですが、台湾(台北)の1月は温かいです。気温的には15℃~20℃くらいで日本でいうと秋くらいの過ごしやすい気温でした。

日中はカーディガンやシャツを羽織るぐらいがちょうど良く、夜は少し気温が下がるのでパーカーを羽織る感じがちょうど良いです。女性で寒がりの方は薄めのトレンチコート的なものがあると良いかもしれません。ホテル内は半袖短パンで十分過ごせます。

なので冬服を旅行カバンに入れると荷物になってしまうので、厚手の服は入れない方が良いです。おすすめはコンパクトに折りたためて収納できるユニクロの「ウルトラライドダウンジャケット」を持っていくと、万が一寒いと感じた時に役に立ちます。

九份(キュウフン)の気温と服装

台湾旅行に行ったらジブリ英語の「千と千尋の神隠し」の舞台イメージになった九份(キュウフン)に行く方も多いと思います。

九份は標高が高い土地に位置しているので、台北より気温がやや低いです。僕が行った1月は気温的には12℃~16℃くらいなので、台北から九份に行く場合はパーカーや薄めのコートを持っていくとよいかもしれません。

台湾(台北)の治安

海外旅行に行く時は現地の治安が気になるところですが、台湾は比較的治安の良い国です。個人的には人柄も穏やかな方が多い印象がありました。

台湾の人は親日が多く、街を歩くと日本語で書かれた看板を見かけたり、日本語で話しかけてくれる店員さんも多くいます。僕が台湾に旅行に行った時は、タクシーの運転手やご飯屋さんの店員さんが、とても親切に対応してくれました。

たたしどこの国も盗難は全くないというわけではないので、ある程度の防犯意識は持って出かけましょう。

台湾のトイレ事情

日本のトイレはトイレットペーパーをそのまま便器に流すことができますが、台湾はトイレットペーパーを便器に流すことができません。使用したトイレットペーパーは便器の横にあるゴミ箱に捨てることになります。

理由は台湾の下水道は配管が細く、水圧も弱いため、トイレットペーパーを流すと詰まってしまうからです。

日本の生活に慣れて間違ってトイレットペーパーを無意識に流してしまうかもしれませんが、なるべく使い終わったトイレットペーパーはゴミ箱に捨てましょう。

ちなみにウォシュレットが設置されているトイレはほぼないので、心配な方は携帯ウィシュレットやウェットティッシュを持っていくと良いかもしれません。

 

台湾旅行の注意点

両替は現地で両替した方が良い

台湾の通貨は「ニュー台湾ドル」という通貨です。1台湾ドルは日本円で大体3.5円~4円くらいを推移しています。

日本円から台湾ドルに両替する時は、日本の銀行や両替所で両替すると高いレートが設定されているので、台湾現地の空港で両替した方がお得です。現地の両替所は日本の銀行や両替所に比べて低いレートが設定されているので、日本円から台湾ドルに両替する時は現地で行いましょう。

電車内では飲食は絶対禁止

台湾の電車内では飲食が禁止されています。食べ物はもちろんですが、水も飲んではいけません。違反すると罰金が課せられるので電車内での飲食は控えましょう。

旅行に持っておくと便利なもの

台湾旅行に行った時に持っておくと便利なものを紹介します。

ユニクロのウルトラライトダウンorブロックテックパーカ

台湾の気候は日本と比べて温かいですが、地域や気候によっては寒くなることもあるので、軽量で折りたためて収納できる、ユニクロの「ウルトラライトダウンジャケット」や「ブロックテックパーカ」をカバンの中に入れておくと重宝します。

ユニクロオンラインストア

携帯ウォシュレット&ウェットティッシュ

台湾のトイレはウォシュレットがついていないトイレがほとんどなので、日本でウォシュレット慣れしている方は携帯ウォシュレットを持っていくと良いです。携帯ウォシュレットじゃなくてもウェットティッシュを持っていくと、トイレでも使えますし、旅行中に手が汚れたときにも重宝します。

現地の交通ICカード

台湾のICカード

台湾で電車に乗る時は現地の交通ICカードを持っておくと便利です。毎回切符を買わないで済むので移動がとてもスムーズに行えます。

日本でいうとSuicaやPASMOみたいなものです。購入場所は駅や空港なので購入しチャージすることができます。電車の他にも自動販売機などで使うことも可能です。

台湾旅行は楽しい

台湾は料理も美味しいし、街中ではタピオカジュースやマンゴーフルーツなどスイーツ店多く存在しています。また足つぼマッサージ店も多く、台湾の方は穏やかな方が多くて治安も良いので、女性だけでの旅行でも安心して楽しめると思います。