Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

jQueryでURLの文字列を判定して処理を実行させる方法

jQueryでURLの文字列を判定して処理を実行させる方法

画像出典:MDN

全てのページに対してではなく、個別のページに対してのみJavaScriptの処理を実行したい時があると思います。

今回はjQueryを使ってURLの文字列を判定し、条件分岐させる方法について書きました。

 

URLの文字列を判定して処理を実行させる方法

例えばURLの内容に「category1」という文字列が含まれていた場合には、〇〇を実行し、「category2」が含まれていた場合は〇〇を実行したい場合などは.match( )を使ってif文で条件分岐させて、ページによって別々の処理を実行させることができます。

if (document.URL.match('category1')) {
  //URLに「category1」が含まれていた場合の処理内容を記述
} else if (document.URL.match('category2')) {
  //URLに「category2」が含まれていた場合の処理内容を記述
}