Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

Dropboxに保存した画像やファイルをサイトやブログに読み込む方法

Dropboxに保存した画像やファイルをサイトやブログに読み込む方法

画像出典:Dropbox

Dropboxは画像やファイルをクラウド上のストレージに保存して共有できる便利なサービスです。自分が使っているブログやサーバーのストレージ機能がイマイチだったら、Dropboxなどの規模の大きい外部ストレージから、画像やCSSファイルなどを読み込んでサイトに表示させることができます。

今回はDropboxに保存した画像やファイルを、自分のWebサイトやブログに読み込んで表示させる方法について説明します。

 

目次

Dropboxにファイルを保存して共有リンクを設定する

Dropboxは無料で2GBまでのファイルを保存することができます。まずはDropboxにアカウントを新規登録してログインしてください。そして読み込ませたいファイルをDropboxにアップロードします。

Dropboxにファイルをアップロードする

Dropboxにファイルをアップロードできたら、該当ファイルを選択し「共有」というボタンをクリックします。

Dropboxにファイルをアップして共有リンクを作成する

「共有」ボタンをクリックするとモーダルウィンドウが表示させるので、モーダルウィンドウ下部の「リンクを作成」をクリックします。するとリンクが作成させるので、そのリンクをコピーします。

 

作成された共有リンクを書き換える

Dropboxで作成された共有リンクは、そのままサイトに貼り付けるだけでは、ファイルを読み込むことができない仕様になっています。なので作成されたリンクを使えるように書き換える必要があります。

下記のコードを参考にリンクを書き換えてください。

https://www.dropbox.com/s/4f679954sec035q/img_mainvisual_debriefing.jpg?dl=0
↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/4f679954sec035q/img_mainvisual_debriefing.jpg

書き換える箇所は「www.dropbox.com」の部分を「dl.dropboxusercontent.com」に変更し、URL末尾の「?dl=0」を削除します。

Webサイトやブログに書き換えたパスを記述して読み込む

共有リンクを書き換えたらWebサイトやブログにパスを記述すると、Dropboxに保存した画像やファイルを読み込んで表示させることができます。

まとめ

はてなブログなどを使っているとアップロードした画像が、自動的に横幅1000px程のサイズに変更されてしまいます。そんなときはDropboxなどの外部ストレージに画像を保存してリンクを読み込むと、好きなサイズでブログに表示させることができるので、とても便利です。