Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

毛穴の黒ずみや角栓を取り除く方法は洗顔・保湿・日焼け止めの肌ケアが重要

毛穴の黒ずみや角栓を取り除く方法は洗顔・保湿・日焼け止めの肌ケアが重要

毛穴の黒ずみを除去したくて、毛穴パックを試してみたり、ゴシゴシ入念に洗顔をしてみたり、毛穴を直接指や爪楊枝などで掻き消してみたり、あの手この手を使って毛穴の黒ずみを除去したいと思っている人は多いと思います。

ブツブツいちご鼻が気になって自分の顔に自信が持てない、毛穴の黒ずみを隠したくてファンデーションやコンシーラーで隠してみたけど、余計に目立ってしまった。

などなど男女ともに毛穴の黒ずみは、肌トラブルの中で1位2位を争うほど、たくさんの人が悩んでいると思います。

今回は毛穴の黒ずみをきれいに除去する効果的な方法について紹介します。

 

目次

毛穴の黒ずみの主な原因は角栓の酸化、肌の乾燥、メラニン沈着が原因

そもそも毛穴の黒ずみができる原因を知らないと、具体的かつ効果のある除去方法や対策を講じることができません。そのため、まずは毛穴の黒ずみができる原因について知る必要があります。

結論から言いますと、毛穴の黒ずみができる主な原因は「角栓の酸化」「肌の乾燥」「メラニン沈着」が主な原因です。

毛穴の黒ずみの原因1。角栓の酸化

角栓とは皮膚の下にある皮脂腺から分泌された皮脂と、そのまわりの角質が混ざり合って固まったものです。その角栓が空気に触れることによって角栓が酸化し、角栓の色が黒ずんでしまいます。

毛穴の黒ずみの原因2。肌の乾燥

肌が乾燥していると、肌が水分を補給しようと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。その結果、肌に滞留している皮脂を外に出そうと毛穴の開きが大きくなってしまい、黒ずみが目立ちやすくなってしまいます。

毛穴の黒ずみの原因3。メラニン色素の沈着

肌が紫外線を浴びると皮膚の下にあるメラノサイトが活性化して、メラニン物質が発生し、肌を黒くします。これが日焼けに仕組みです。

そして食生活や生活習慣の乱れなどによってターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)が正常に行われなかったりすると、メラニン物質が肌に沈着し続けます。これが黒ずみの原因になります。

毛穴の黒ずみを取り除く方法

毛穴の黒ずみを取り除く方法は、基本的にはクレンジング洗顔保湿日焼け止めの大きく4つのケアを日常的にすることが大切です。

なんか面倒くさいと思ってもっと手っ取り早く毛穴の黒ずみを取り除きたいと思いますが、肌のターンオーバー(肌組織が生まれ変わるサイクル)は10代で約20日、20代で約28日、30代だと約40日程掛かります。

そのため、黒ずみのないきれいな肌の状態になるためには、肌のターンオーバーのサイクルを何回も繰り返さなくてはいけないため、日々の肌ケアが黒ずみを取り除くための早い方法となります。

それでは具体的な肌ケアの方法を紹介します。

 

クレンジング

クレンジングの役割は肌の角質や黒ずみなどの脂性の汚れを落とす役割をします。

女性の方は化粧を落とすためにクレンジングオイルを使っているかと思いますが、男性の方でも肌の角質や黒ずみを取り除くためにも、洗顔前にクレンジングオイルなどを使って、顔全体をマッサージするように毎日ケアすることをおすすめします。

毛穴の黒ずみを落とすのに効果のあるクレンジング商品

無印良品のマイルドオイルクレンジング

無印良品のマイルドオイルクレンジング

毛穴の黒ずみを落とすのに効果のある、おすすめのクレンジングオイルは「無印良品のマイルドオイルクレンジング」です。

無印良品のマイルドオイルクレンジングは、オリーブオイルとホホバオイル配合のクレンジングオイルで、無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーのため、肌の弱い方でも安心して使うことができるクレンジングオイルです。

ちふれ化粧品のウォッシャブルコールドクリームN

ちふれ化粧品のウォッシャブルコールドクリームN

また「ちふれ化粧品のウォッシャブルコールドクリームN」も、毛穴の黒ずみを落とすのに非常におすすめです。

ちふれのウォッシャブルコールドクリームNはオイルタイプのクレンジングではなく、クリームタイプのクレンジングになります。こちらも無香料・無着色・アルコールフリーの製品なので、肌に優しい商品になっています。

洗顔

洗顔は肌の角質やほこり、または肌に残ったクレンジングオイルを落とす役割をします。

洗顔のポイントは決してゴシゴシ洗ってはいけないことです。一見ゴシゴシ洗ったほうが肌の黒ずみが取れやすくなるのではないとか思いますが、ゴシゴシ洗いすぎると肌にダメージを与えてしまいます。

また洗顔のしすぎは肌の油分を余計に取り除いてしまうため、なくなった油分を補おうと皮脂の分泌が活性化し、それが角栓のできる原因に繋がり、その結果さらに黒ずみができてしまうこともあります。

ですので洗顔するときは、手のひらや指で優しく撫でるように洗顔することが大切です。

毛穴の黒ずみを落とすのに効果のある洗顔フォーム

ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

毛穴の黒ずみを落とすのに効果のあるおすすめの洗顔フォームは「ビオレのおうちdeエステ マッサージ洗顔ジェルなめらか」がおすすめです。

こちらの洗顔フォームは肌の角栓を取り除くことに特化した商品で、泡立つタイプの洗顔フォームではなく、ジェルタイプの洗顔フォームになります。ジェルが肌の角質を溶かすように取り除くため、ザラザラした肌が表面がスベスベの肌に生まれ変わります。

ネット上の口コミも好評で価格も非常に安いので、比較的導入しやすい商品かと思います。 

保湿

洗顔後の肌は油分が少なく乾燥しやすい状態になるため、洗顔後は化粧水や保湿クリームを塗って肌を保湿することが大切です。

肌が乾燥していると不足した油分を補おうと、皮脂の分泌が活発化します。過剰に分泌された皮脂は、その後角質へ変化するので、肌の保湿度は一定的に保つ必要があります。

肌を保湿するおすすめの保湿美容品

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー
ヴァセリンは肌の表面から水分の蒸発を防ぐバリア的な役割をします。リップケアにも使えますし、髪の保湿にも使える万能的な保湿剤です。

日焼け止め

肌が紫外線を浴びると皮膚の下にあるメラノサイトが活性化して、メラニン物質が発生します。これが毛穴の黒ずみの原因になることは冒頭の方で説明しました。

また肌のシワやシミ、たるみなどの肌の老化の原因は約80%が紫外線が原因です。ですので紫外線を予防すれば、毛穴の黒ずみを防ぐこともできるし、シワやシミを防ぐこともできます。

おすすめの日焼け止め

ニベアサン ウォータージェルSPF50 ボトル

ニベアサン ウォータージェルSPF50 ボトル

ニベアのウォータージェルSPF50は、SPF50、PA+++でつけ心地は水のようにサラサラしていて、白残りもなく、ベタつきません。これで価格も1,000円もいかないのでコストパフォーマンスの高い日焼け止めです。 

毛穴の黒ずみを取り除く方法まとめ

毛穴の黒ずみを取り除く方法は、クレンジング、洗顔、保湿、日焼け止めなど肌ケアが重要です。これらの日々の積み重ねが黒ずみを取り除く効果のある方法ですので、毎日コツコツ毛穴ケアを頑張ってキレイな素肌を手に入れましょう。