Debriefing [デブリーフィング]

Debriefing [デブリーフィング] はHTMLやCSSやデザインなどのWeb制作に関することや、仕事を効率化する方法や生活に役立つHow Toを発信します。

はてなブログ独自ドメイン変更後のAdSense審査が通過しない原因

はてなブログ独自ドメイン変更後のAdSense審査が通過しない原因
はてなブログを独自ドメインで運用するスタイルに切り替えたので、Google AdSenseに新しくなったURLで再審査することになりました。しかしなかなか審査に合格しない。かれこれ5回ほど再審査を続けてみた結果、原因が判明しやっと合格することができました。

今回ははてなブログを独自ドメインに変更したあと、Google AdSenseの審査に通過しない原因と通過方法について紹介します。

 

目次

【結論】審査に合格しない原因はリダイレクトさせていなかったから

結論をから説明すると、僕の場合はAdSenseの審査に通過しない原因は、wwwなしからwwwありへのリダイレクトが設定されていなかったことが原因でした。wwwなしからwwwありへのリダイレクト設定後に再審査に申し込んだところ、無事に審査通過することができました。

リダイレクト設定のやり方についてはこちらのページを参考にやってみてください。

エックスサーバーでwwwなしからwwwありへリダイレクト設定する方法

審査に通過しない原因を考察する

ではなぜ審査に通過しない原因がリダイレクトの未設定だったのかというと、審査結果のメールの文章と、AdSense管理画面に記載された文章の中にヒントがありました。

まずは審査に不合格だった時のメールの内容と管理画面の内容をご覧ください。

AdSense審査に不合格

こちら画像がAdSense審査結果のメールのキャプチャです。

メール文章には「お客様のサイト"debriefing-web.com"をAdSenseで審査しました。」と記載されています。

次に詳しい原因を探るために管理画面を確認すると、

「サイトの停止または利用不可 お客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました。お申し込みの際に送信されたURLにお間違えがないかご確認ください。サイトが正常に機能している場合は、お申込みを再送信していただけますようお願いいたします。弊社であらためて審査いたします。」

と記載されていました。

サイトの停止または利用不可とは?

「サイトの停止または利用不可」という意味が分かりませんでした。サイトは404 not Foundにもなっていないし、エラーも出ていない、ちゃんとアクセスできる状態なのに全く理解できていませんでした。

はじめは独自ドメインに切り替えたばかりだから、DNSレコードの変更や独自ドメインの存在を、クローラーが認識するのに時間がかかるのだろうと思っていましたが、何回も何回も審査に申請しても合格しないので、さすがおかしいと疑いはじめました。

しばらくしてから審査結果のメールの文章をもう一度良く読んでみると「"debriefing-web.com"をAdSenseで審査しました。」という文面が気になるようになりました。

審査に出したURLはサブドメインの「www.debriefing-web.com」だから「"www.debriefing-web.com"をAdSenseで審査しました。」という文章に普通はなると思うんですが、なぜwwwありのサブドメインではなく、wwwなしのメインドメインなのか。

ちなみにAdSenseにURLを登録する時はサブドメインでは登録できず、一度メインドメインを登録してからサブドメインを追加する形になっています。紛らわしい。

メインドメインをブラウザで確認するとサイトが表示されていなかった。

試しにwwwなしの「debriefing-web.com」をブラウザで開いてみると、「サイトが表示されていません」という画面が表示されました。ここでやった原因に気が付きました。

AdSenseにメインドメインを登録して、その配下にwwwありのサブドメインを追加していても、メインドメインであるwwwなしのURLが表示されていなければ、「サイトの停止または利用不可」となってしまうのでないか?という考察にたどり着きました。

 

リダイレクト設定後、審査に合格

リダイレクト設定後、審査に合格

独自ドメインを取得したエックスサーバー側でwwwなしURLからwwwありURLへのリダイレクト設定を行ったあとに、再審査に申し込んだところ、2週間程で合格通知が届きました。

まさか審査に通過しなかった原因が、メインドメインからサブドメインへのリダイレクトが未設定だったことが原因だったとは、全く盲点でした。

かれこれ初回審査から合格できるまで1ヶ月以上掛かり、5回再審査を申し込みした末に合格できました。

サイトの停止または利用不可が原因だったら

もしAdSenseの審査に通過しない原因が、「サイトの停止または利用不可」だった場合は、AdSenseに登録したメインドメインをブラウザで確認してみて、サイトが表示しているか一度確認してみてください。

そしてメインドメインにアクセスしてサイトが表示されていなかったら、サブドメインへのリダイレクトを設定してみてください。

はてなブログではなく他のブログサービスを使っていたり、WordPressでサイトを作っていても、wwwやblogなどをメインドメインの先頭にサブドメインを設定しているサイトは、メインドメインでリダイレクト設定がされているか確認してみてください。

意外とこれが原因だったりするかもしれません。

他の原因を解消する

僕の場合はリダイレクトの未設定が不合格の原因でしたが、他の要因が原因だったらそれを解消してみてください。

記事の内容に不適切な内容が書かれていないか、そもそも記事数が少なく、広告を貼るに値するコンテンツ内容にサイトが満たしていないかなど。意外とサイトの質が原因だったりすることもあるので、AdSenseのポリシーは確認しておいた方が良いでしょう。

AdSense プログラム ポリシー

またプライバシーポリシーの未掲載や、お問い合わせフォームの未設置などが要因なのでは?という情報も見受けますが、これらがなくても合格したという情報もあるので、定かではないと思います。

 

© Debriefing 2019 All Rights Reserved.